« ランナーズ5月号で! | トップページ | 4月3日(日)WGM行事(春の恒例マラニック)コース変更等のお知らせ »

2011年3月26日 (土)

ソウルマラソン出走記、出走(後)記

0000699

ソウルマラソンに出走されました宇梶さんの出走記です。
(レースもアフターも充実のソウルマラソンです!)

--------------
■ソウル国際マラソン完走記

3月20日(日)冷たい雨の中の「ソウル国際マラソン」となりました。
日本のランナーの元気な姿を見てもらい、韓国の人に感謝の気持ちを伝えるために背中にメッセージを添えてマラソンを走りました。

日本語にすると下記のようになります。
「私は日本から来ました。今回の震災に際して韓国の皆さまより多大なご支援を
いただきましたことを心から感謝しております。今日は、いっしょに楽しく走りましょう。韓日友好!」
文章は土曜日の晩にソウルでいっしょに食事をしたカミさんの友達(ソヨンさんとウォニちゃん)に手伝ってもらいました。韓国の国旗は韓国人でも簡単に書けないそうですよ。韓国の人に手伝ってもらった文なので、結構気持ちの入った表現になりました。
おかげてレース中には、数多くの韓国人ランナーから声援をいただき、「カムサハムニダ!」(ありがとう)「ファイテン!」(頑張ろう)ということばを走りながら100回近く返しました。

私のレース結果ですが、3時間8分53秒。
昨年の記録(3時間6分41秒)更新はなりませんでしたが、悪いコンディションの中まずまずの走りができ満足しています。
このコースはワンウェイコースで、昨年のように天気が良いとコースの3分の2は偏西風の流れに乗って気持ちの良い追い風になるのですが、天気が崩れると風向きが逆になり、昨日は軽い向かい風が多いコースとなりました。
早朝から冷たい雨が降りしきり、後半は小雨になってきたもののシューズやTシャツが前半で雨で重くなり、風向きも緩やかな向かい風になったため、記録更新 は難しいと感じ途中で少し下方修正(3時間8~悪くても10分以内)しました。前後半ほぼイーブンペースで走れ、後半も脚が伸びたのでその点満足していま す。

■正式タイム(ネット)
0~5㎞   21’51
5~10㎞  22’33
10~15㎞ 22’51
15~20㎞ 22’38
20~25㎞ 22’31
25~30㎞ 21’56
30~35㎞ 22’46
35~40㎞ 22’05
40~goal  9’42
⇒ 3時間8分53秒

体も良く動いたのですが、このコンディションなので5㎞のラップは体感よりも20~30秒くらい遅かったように感じました。
ソウルマラソンは2万5千人程度の参加者ですが、東京マラソンとは少々雰囲気は違い、ファンラン的な要素より真面目な熱心なランナーが多い大会です。

このところ主要マラソン大会が次々と中止になり、皆さん前向きなモチベーションを保つことが、なかなか難しいことと思います。
小生だけエントリーする大会がすべて実施という幸運に恵まれていますが(4月9日の彩の国ウルトラマラソンも予定どおり開催となり、今年に入り6回目の大会となります)、与えられた機会を精一杯頑張るつもりです。

■ソウルマラソン完走(後)記

ソウルマラソンの後、午後から安城(アンソン)市に移動して韓国の友人と交流を楽しむ。安城市はソウルから高速バスで1時間ほどのところにある静かで美しい街で、伝統工芸や伝統芸能の保存・普及を大切にしているところだ。

始めはカミさんの友人のインボムさん(安城市役所の文化教育観光課主務官)の奥様が切り盛りしている和風レストラン”TERIYAKI”で軽くトンカツや鰻料理をご馳走になり、そのあとは美味しい漢牛を食べさせる焼肉屋に移動して二次会。

0000704そこでやはりカミさんの友人のヨンランさん(女性)と合流する。
ヨンランさんは30代の美女だが、男寺党(ナムサダン:国が指定する無形重要文化財の民族芸能団)の一員でヨンランさん自身も無形文化財として認定されて いる。ヨンランさんは少々風邪気味だったが、インボムさんはお酒が大好きで韓国の焼酎をストレートでグイグイ。マラソン後の私はとてもそのペースについて いくことはできない。


焼肉の後は街中の居酒屋で三次会。インボムさんの同僚も合流してマッコルリを酌み交わしながら益々盛り上がる。日韓両語ができるのはカミさんだけだが、皆酔いも回っているので、多少?言葉が通じなくても酒の力で意気投合。
(カミさんは日本人ですよ。チャンゴという韓国の伝統楽器(太鼓)をやっているので韓国人のお友達がたくさんいるわけです)

ついに毎年11月に開催されている「安城市ハーフマラソン」に友人をたくさん連れてくると約束してしまいました。旅行会社には真似できないような心暖まる格安マラソングルメツアーを企画しますので、WGMの皆さん、ぜひご参加ください!

安城で韓国の友人たちとの別れを惜しみ、ソウルのホテルに深夜に辿り着き、翌日昼過ぎに金浦空港から羽田に戻る。充実した3日間の韓国遠征でした。


« ランナーズ5月号で! | トップページ | 4月3日(日)WGM行事(春の恒例マラニック)コース変更等のお知らせ »