« 2015年10月 | トップページ

2017年7月 7日 (金)

2017年 夏合宿

2017年の夏季合宿を終えて
 
 若葉グリーンメイトの夏季合宿は、7月1日―2日の2日間にわたって実施されました。参加者数は13名でした。無事に終了したことに対して、準備していただいた事務局及び幹事の皆様に感謝を申し上げます。また、お世話になった宿舎の高野屋さんに対し、御礼を申し上げます。

 今年の合宿も、これまでどおり新潟県南魚沼郡湯沢町で行われました。あいにくの梅雨の前線が北陸から東北にかけて伸び、当地でも強い雨に見舞われました。

 1日目は、10時からの午前練習では大雨で、農道に小川や田んぼからの水があふれ出し、悪路を走らざるを得ない状況でした。このときは1時間弱のジョグでしたので何とか走りきることができました。このままの天候が続くと、午後の本練習の実施が危ぶまれるところでしたが、午後2時半ころにはやや弱い雨となり、予定どおり大源太方面での練習を行うことができました。メンバーの走力と体調に応じて10キロから18キロの持久走を行いました。大源太湖周辺の上りと下りはいつ走っても大変ハードなコースで、特に大腿四頭筋にこたえます。それでも樹林帯に入ったときの空気感が一服の清涼剤となり、走り出してよかったと実感させられた次第です。
 2日目は、朝6時からのジョグで始まりました。走る前のストレッチを行うころから昨夜来の大雨がぴたりと止んで、気持ちよく走ることができました。約40分間です。
この日の本番は、午前10時からの持久走です。宿舎から土樽方面を往復する約16キロのコースです。行きは緩やかな上りで、帰りは下りです。8時ころから再び降り出した強い雨が、練習開始のころになると天候が回復し、ときおり太陽が顔をのぞかせるようになりました。さすがにスタート直後は少し暑さが気になったくらいでしたが、それでも林間コースに入るととてもそれまでの汗を吹き飛ばすような快適なコンディションで走ることができました。
メンバーによっては、運動公園方面でのジョグや自転車練習に切り替えて人もいました。何の事故もなく予定どおり実施できたことに感謝です。練習後の温泉浴が、メンバーの疲労回復効果を発揮したことは言うまでもありません。

 2日間を通して、天候は大雨のち晴れということでまずまずでした。練習内容は、量と質ともに例年の8割程度でしたが、現在のメンバーの体調等を考えると適量だったのではないでしょうか。昨夜の懇親会の酒量も適量だったかと思います。
今年は梅雨明けが早いとの予報が出ていますが、今回の合宿の成功を夏以降の走り込みにうまく生かしていただければ幸いです。
 
若葉グリーンメイト 森脇康行 記
 

« 2015年10月 | トップページ